top of page

⛳️絶滅危惧種のゴルフクラブ スコットランドでの悶絶記録②

更新日:2022年5月29日

Endangered golf club, record of faint in agony in Scotland ②


私がクラブを作ってもらったり、スイングを見てもらったりしている師匠が、横須賀の大谷部というところで、ハミングバード・スポルテ(HBS)という名前のお店を営んでいます。



悶絶はすでに6年も続いていました。

「もうやめたい、元に戻したい」と意を決して師匠に伝えました。

返ってきた答えは、「もう元へは戻れません」

 

前回に引き続き、土砂降りの雨の中のスコットランドでの悶絶記録です



朝から小雨が降っていました。何度繰り返して外を見ても細かい雨が降っていました。


昨日は気づいていませんでしたが、このホテルの客はゴルファーが多いです。昨日の夕方も私の泊まっている部屋の外を、二人のゴルファーがキャディバッグを背負ってレセプションの方に向かって歩いていくのを見ました。










ホテルの裏のドライビングレンジが9:00開店でしたので、部屋で素振りをして、HBSに教えてもらったことを確認してから出かけました。

60球打っているとだんだん力が入り、5月以前の自分に戻っていくのを感じました。


この日のゴルフの成績が暗示されていたように思いました。


Jに10時にピックアップしてもらえる約束だったので、ロビーで待っているとジャガーが滑り込んできました。


車から降りて来たのは助手席からJ、運転席からはMさん。

Mさんは、前回お会いした時には、Johnの運転する私の借りたレンタカーに乗せてあげたので、車を運転する印象がありませんでした。Mさんは矍鑠とした紳士です。


今回は日本酒と、「匠の爪切り」を、お土産にしました。

”Made by Samurai Sword Technology”と即興で考えたキャッチコピーを使って説明しましたら、凄く喜んでくれました。これは嘘ではなく、この爪切りは私も気に入って、今でも愛用しています。


Kelburn Golf Clubはアーバインの少し北にある、1891年開業の歴史のあるコース。

海岸から500mほど内陸に入ったA78沿いに、かつての城壁に囲まれて横たわっています。


海を背にして左手の端にあるクラブハウスをスタート地点として、一旦奥に登り、2番から5番まで海と平行して進んだ後、山側が広がっている土地を山から海、海から山へジグザグに繰り返して、11番を折り返しとしてクラブハウスに戻ってきます。

OUTーINのコース配置でした。


高い地点からは海に浮かぶArranなどの島が見え、天気が良ければ美しいゴルフ場です。


2年前はJと二人で、こちらの岸からフェリーを乗り継いでArranを超えてそのまた向こうのキンタイヤ半島のマクリハニッシュまで出かけました。


Jは私と一緒に行くまであまり興味がなかったようだが、あの後昨年も友達と一緒にマクリハニッシュに行ったようです。


Jは今年も9月に行くと言っています。

マクリハニッシュには、最近できたマクリハニッシュ・デューンズというコースがありますが、Jとラウンドした時には滅茶苦茶なレイアウトで、ティーグラウンドからどこへ打ってよいか見当もつかないような有様でした。


あの有名な往路ゴルファーのLee Westwoodにも酷評を受けたという噂を聞きました。


しかし、Jの話ではその後改良が加えられ、良くなったということで今回はもう一度トライする計画だといっていました。


クラブハウスでコーヒーを飲もうと誘ってくれたので、一緒についていきました。

奥には10人以上の年配の方々が、ワイワイとやっています。

Mさんはテーブルに近づいていくとそのうちの一人に、何やら声をかけてお金をテーブルに置いた。どうもJと私を含めて、コンペの参加申し込みをしたようです。


この方々はすでにリタイアされた方々で、毎週月曜日にコンペをやっているようです。2年前もMさんのホームコースのIrvine Golf Clubに招待していただき、いきなりコンペに参加させていただいた。参加費は£1で、それを成績で分ける方式のようです。


外に出ると皆んなレインウエアーを着始めました。この時にはそれほど雨は強くなかったのですが、地元民の勘は鋭いと感心しました。


Mさんが私に電動のカートを借りてくれました。

ハンドルの真ん中にあるスイッチを押すと動き出すが、スイッチの周りに円盤状のダイヤルがあって、これを回転させるとスピードが調整できます。


右に回すとスピードアップ、左はスピードダウン。

あまり右に回さないようにという注意があったが、最初はなかなか感覚がつかめませんでした。


一番ホールは海を背にして山側へ145Y打ち上げのパー3。

いきなり左に引っ掛けてしまい、行ってみたらボールは見つかりませんでした。

こちらではラフに入れたらもう見つかりません。

カートに引っ張られながらの無様なスタートでした。

JからもMさんからも苦笑を買い、私は道化を演じています。


ずっとこんな調子でしたが、グリーン近くでは刷毛塗り転がしでピンそばにつき、親指を立てて祝福してもらえることもありました。



雨が強くなってきました。先週日本で降り続いた雨のように風はほとんど感じられないのですが、雨が縦に振って来ます。今回は、以前ロイヤルドーノックで買った大きな傘を持ってきました。かさばるのですが、雨の時には強い味方でになります。


Jが「日本の雨のようだ」と言ったら、他のメンバーは皆な同意の笑い聲をあげました。

「日本ではTsuyuと言うんだ」とJに説明したら、「Tsuyu・・Tsuyu・・」と何回か繰り返していた。


10番まで終わったところで、コンペのリーダーのパーティとすれ違った時に、今日は12番で終了しようという提案があり、皆んな素直に従いました。

その後12番を終えて、13、14をスキップしてラウンドしながらクラブハウスに戻戻りました。


HBSでの練習の甲斐もなく、以前に戻ってしまった内容でしたが、5番アイアンと7番アイアンで気持ちよい当たりがありました。

これだけ少ないと説明にも苦労しませんが、良いあたりはたったこれだけでした。


18番では2打でグリーン150Y手前まで運び3オンを意識して、力が入りボールの頭を叩いてしまいました。


10Yほど転がって残りは140Y。7番アイアンで左足上がりのライ。

この時は少し練習成果が出て、テークアウエイから、かるくクラブを落とす感じで始動できました。

ボールはピンに向かってまっすぐに低い弾道で飛んで行きました。グリーンを捉えたようです。

何年ぶりだったか気持ちよい感覚を味わいました。

先にグリーン手前に運んでいたMさんが、グリーンを確認して親指を立ててウインクをしてくれました。


全体を通してスコアにならないゴルフではありましたが、最後のショットだけ頭に記憶しておきたいと思います。

この時にもその前に出たショットのイメージを持ってスイングすることができたことが良かったと思います。これも脳内イメージです。


翌日

今朝は朝から太陽が微笑んでいます。カーテン越しの陽射しも強く早く明るくなって来ました。今日はDundonaldに行くことになっていますが、Jからはまだ連絡がありません。Dundonaldはホテルからあるいて5分だと言っていましtた。


Dundonaldは、KIngsburns やCatsle Stuartと同じキールフィリップスの設計。申し分のないゴルフ場です。スコッティッシュ女子オープンが予定されているようです。


 

2021年、Dundonaldには素晴らしいクラブハウスと、宿泊施設がオープンしました。

私は次にIrvineを訪れるときには、ここに宿泊させてもらおうと思っています。



脳内イメージを変えることがこのスイングの成功要因でした。


最近(2021年)になって、意識と無意識について深掘りしていますが、

意識で理解できたことを無意識に落としていくことが重要です。


今回のようにゴルフスイングに関しての的確なアファメーションは、

ビジュアライズが効果的なのではないかと個人的な結論に達しています。


この時点では、私は無意識を書き換える情報をやっと意識した段階でした。


このブログ記事の目的はゴルフスイングレッスンではありません。

脳内イメージを変えることは重要だということをご理解いただければ成功です。


まだまだ、悶絶弾は続きがあります。お楽しみに!

ゴルフがお好きな方は、今後の連載記事にご注目ください。


 


English

Endangered golf club, record of faint in agony in Scotland ②


The master who makes me a golf club and teaches me how to swing runs a shop named Humming Bird Sporte (HBS) in Yokosuka.


I have been in agony for six years already.

One day I told my teacher, "I want to stop, I want to get it back."

The answer returned is, "You can't go back anymore."

This time is a record of agony in Irvine, Scotland


 

It has been raining lightly since morning. No matter how many times I looked outside, it was a fine rain.


I didn't realize yesterday, but many of the guests at this hotel are golfers. I saw two golfers walking towards the reception with their caddy bags on their backs yesterday evening outside my room.


The driving range at the back of the hotel was open at 9:00, so I pretended to be in the room and went out after confirming that HBS had taught me.

When I hit 60 balls, I felt that I was getting stronger and returning to my condition before May.


I thought that the result of golf on that day was implied.


I promised that J would pick me up at 10 o'clock, so when I was waiting in the lobby, Jaguar slipped in.


The person who got out of the car was J from the passenger seat and M from the driver's seat.

The last time I met Mr. M, he put me in my rented car driven by John, so I didn't remember him driving a car. Mr. M is a gentleman.


This time, I made "sake" and "Takumi's nail clippers" as souvenirs.

He was very pleased when he explained using a catch phrase that he improvised as "Made by Samurai Sword Technology". This is not a lie, and I like this nail clipper and still love it.


Kelburn Golf Club is a historic course that opened in 1891, just north of Irvine.

It lies along the A78, which is about 500m inland from the coast, surrounded by the former walls.


Starting from the clubhouse on the left end with the sea behind, climb to the back once, proceed parallel to the sea from No. 2 to No. 5, and then the land where the mountain side spreads from the mountain to the sea, from the sea Repeat zigzag to the mountain and return to the clubhouse with No. 11 turned back.

It was an OUT-IN course arrangement.


From a high point, you can see islands such as Arran floating in the sea, and if the weather is nice, it is a beautiful golf course.


Two years ago, J and I took a ferry from this shore and went over Arran to Machrihanish on the Kintyre Peninsula over there.


J didn't seem to be very interested until he went with me, but he seems to have gone to Machrihanish with his friends after that.


J says he will go to September again next year.

Machrihanish has a recently created course called Machrihanish Dunes, but when I rounded with J, the layout was messy and I had no idea where to hit from the teeing ground. ..


I heard rumors that the famous outbound golfer Lee Westwood was also badly criticized.


However, according to J's story, improvements were made after that, and he said that he was planning to try again this time because it was better.


He invited me to have coffee at the clubhouse, so I followed him.

In the back, more than 10 elderly people are doing it.

As Mr. M approached the table, he called out to one of them and put the money on the table. Apparently J and I have applied for the competition.


These people have already retired and seem to be competing every Monday. Two years ago, I was invited to the Irvine Golf Club, Mr. M’s home course, and suddenly participated in the competition. The entry fee is £ 1, and it seems to be a method of dividing it by grade.


When I went out, I started wearing all kinds of rainwear. The rain was not so strong at this time, but I was impressed by the sharpness of the locals.


Mr. M rented me an electric cart.

When you press the switch in the middle of the handle, it starts to move, but there is a disk-shaped dial around the switch, and you can adjust the speed by rotating it.


Turn to the right to speed up, left to speed down.

I was careful not to turn it too far to the right, but at first I couldn't get a feel for it.


The first hole is a par 3 with a 145Y launch to the mountain side with the sea behind.

Suddenly I got caught on the left and when I went, I couldn't find the ball.

If you put it in the rough here, you can't find it anymore.

It was a terrible start while being pulled by the cart.

With a bitter smile from both J and M, I played a clown.


It's been like this for a long time, but near the green, I sometimes got a blessing by rolling my brush around the pin and raising my thumb.


The rain is getting stronger. I can hardly feel the wind like the rain that continued in Japan last week, but the rain is swaying vertically. This time, I brought a big umbrella that I bought at Royal Dornock before. It's bulky, but it's a strong ally when it's raining.


When J said, "It's like rain in Japan," the other members laughed at everyone's consent.

When I explained to J, "In Japan, it's called Tsuyu," he repeated "Tsuyu ... Tsuyu ..." several times.


When I passed the party of the leader of the competition when I finished up to number 10, there was a suggestion to finish with number 12 today, and everyone obediently followed.

After that, I finished 12th, skipped 13th and 14th, and returned to the clubhouse while making a round.


It wasn't worth the practice at HBS, and the content was back to what it was before, but there was a pleasant hit with the 5 and 7 irons.

It's not difficult to explain if there are so few, but this was the only good thing.


At No. 18, I carried it to the front of the green 150Y with 2 strokes, and I was conscious of 3 on, and I hit the head of the ball with force.


It rolls about 10Y and the rest is 140Y. A lie with a 7-iron and a rising left foot.

At this time, I got some practice results, and I was able to start from the takeaway with the feeling of dropping the club lightly.


The ball flew straight toward the pin with a low trajectory. It seems that he caught the green.

I enjoyed the feeling of how many years it was.


Mr. M, who had been carrying it to the front of the green earlier, confirmed the green and raised his thumb to wink.


It was a golf that didn't score as a whole, but I just want to remember the last shot.

At this time as well, I think it was good to be able to swing with the image of the shot that came out before that. This is also an image in the brain.


the next day

The sun is smiling from this morning. The sunlight through the curtain was also strong and brightened quickly. I'm supposed to go to Dundonald today, but J hasn't contacted me yet. Dundonald said it was 5 minutes from the hotel.


Dundonald is the same Kyle Phillips design as kigsburns and Castle Stuart. A perfect golf course. It seems that the Scottish Women's Open is scheduled.


 

In 2021, Dundonald opened a wonderful clubhouse and accommodation.

The next time I visit Irvine, I will stay here.



Recently (2021), I have been studying deeply about consciousness and unconsciousness,

I understood that it is important to unconsciously drop what I could understand with my own consciousness.


An accurate affirmation regarding a golf swing like this time is

I have reached my personal conclusion that visualization may be effective.


At this point, I was finally conscious of the information that rewrites the unconscious = internal expression.


The purpose of this blog post is not a golf swing lesson.

It is a success if you understand that it is important to change the image in your brain.


The agony bullets are still going on. I will deliver an article about agony golf every Sunday. Please look forward to it!

If you like golf, keep an eye out for future articles.

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page