TPSの原点:ニンベンのついた自働化


ニンベンのついた自働化という言葉をご存知な方は、TPS本を熱心に勉強された方だと思います。


ニンベンのついた自働化は、豊田G型自動織機から始まりました

(トヨタ産業技術記念館の動画をご覧ください)


織機の縦糸・横糸が切れたら(供給がなくなったら)、

機械がそれを感知して止まるという仕掛けです。


先日これをある方々に説明したら、

「そんなの、当たり前じゃん!!」という反応が返ってきました。

明治時代のお話なので、現在の皆さんの常識からしたら、当たり前ですね。


ニンベンのついた自働化は、当時では斬新なアイデアだっだのです。

「問題が起きたら、自動的に機械が止まる仕掛け」なのです。


横糸が切れたときに、機械が自動で回り続けてしまったら、そのほかの問題を引き起こしてしまいますから、人が見張りをしなければなりませんでした。


ニンベンのついた自働化に成功したことによって、作業者が掛け持ちできるようになりました。生産性の向上に大きく貢献しました。

現在では、その考え方が車の生産ラインに受け継がれています。

作業者は異常を見つけたら、職制に助けを求めます。


それを表示する仕組みをアンドンと呼んでいます。

自動織機で生まれた考え方は、確実に車の生産にも受け継がれています。


作業者が異常に気付くには、生産工程で起きていることが、正常なのか・異常なのかがわかるようになっていなければなりません。


物事の正常・異常を判断する仕組みが、標準作業の仕組みです。


生産現場と同じように、

間接職場でも、仕事のプロセスがあります。作業手順と言っても良いと思います。


間接職場でも、正常・異常を判断する情報が明確になっています。


それを良品条件と言います。そして、良品条件を満足することができないと判断したら、上司に相談してその課題の解決を図ります。自工程完結の考え方です。


この考え方は、2000代の後半に、間接職場に受け継がれました。

それが、自工程完結の考え方です。


物事には変えるべきことと、変えてはいけないことがあります。


自動織機の考え方の原点は、今でも繋がっています。


閲覧数:13回0件のコメント