top of page

(続)Links Lab.の記事が、Company Tank11月号に掲載されました。


私のやっていることが、「人材育成そのもの」だと評価してもらえました。


Links Lab.が、Company Tank誌の11月号のCloseUp!に掲載されました。


ゲスト・インタビュアーの矢部美穂さんは、限られたこと時間の中で、私のやっていることのポイントを的確に掴んで、評価してくれました。


ご自身も経営者もなので、企業にとって重要なことを理解されている方でした。



 


仕事は、人とプロセス(手順)が重要です。

その力が良い品質を生み出す原動力になります。


今回は、このインタビューを受けた7月頃に取り組んでいて、効果を上げた事例を紹介しました。


Company Tank誌では簡潔にまとめていただいていますが、この活動に関する私のブログ記事も、ぜひ記事を読んでみてください。


この事例では、リーダーが本当に真剣に取り組んでくれました。


https://www.linkslaboratory.com/post/続・ベクトル合わせ-その後の展開


品質向上に向けて、作業標準書を磨き込み、粘り強くコミュニケーションを続けてくれました。


作業標準書のわかりにくい点を、一人ひとりのメンバーが腹落ちするまで、わかりやすく改訂し、本当に理解してくれるまで、説明・議論をやりきりました。


標準作業の仕組みが出来上がりました。


気がついたら、素晴らしいチームワークの組織に変わっていたのです。


リーダーもメンバーも大きく成長することができました。


私のブログには、その他のカイゼン事例をいくつも掲載してあります。


製造現場から、製品開発まで、物理空間から情報空間まで、さらにコーチングを含めると、個人の未来のカイゼン(KaizenYourFuture)までをお手伝いしています。


やはり、現状の見える化とあるべき姿の明確化がキーワードです。


COMPANY TANK 2022年11月号(国際情報マネジメント有限会社 発行 http://www.companytank.jp/




閲覧数:52回0件のコメント
bottom of page