top of page

⛳️絶滅危惧種のゴルフクラブ スコットランドでの悶絶記録①

更新日:2022年5月29日

Endangered golf club, record of faint in agony in Scotland ①


私がクラブを作ってもらったり、スイングを見てもらったりしている師匠が、横須賀の大谷部というところで、ハミングバード・スポルテ(HBS)という名前のお店を営んでいます。



悶絶はすでに6年も続いていました。

「もうやめたい、元に戻したい」と意を決して師匠に伝えました。

返ってきた答えは、「もう元へは戻れません」

 

今回はスコットランドでの悶絶記録です


2015年7月13日(火)

ロンドン・ヒースローからグラスゴウまでのイギリス国内線の飛行機が、40分くらい遅れていました。


国際線で乗り継いだ乗客の荷物だけが、案内もなしに違うゲートに回されていました。


それ以外の乗客は、我先にと荷物を引き取ってバッゲージクレイムを去っていきます。

その人たちが荷物を引き取っている客ががまばらになるまで、ゲート変更の情報が掴めませんでした。


それも日本人の現地駐在の奥さんと見受けられる人が、日本から迎えたお母さんに「ゲートが変更になったようね?」と伝えている日本語が耳に入ってきてやっとわかったのです。


Johnが手配してくれたタクシーのドライバーからは、電話が入って急かされます(相いては急かしているつもりはなかったようですが・・)ので、少しプレッシャーを感じましたが、荷物が無事着いてくれて良かったと無出を撫で下ろしました。


2年前にグラスゴウを初めて訪ねた時にも、Jがタクシーを手配してくれていました。その時は女性ドライバーでしたが、今度は男性でした。


前回は私の名前を書いたカードを持って、空港の出口で迎えてくれたのですが、今回は出口の正面のパーキング2に待っていると、ドライバーが電話で伝えてきました。


今回の目的地は、Jが住んでいるIrvineアーバインという町で、タクシーはその町からグラスゴウまで来てくれます。


車で30分くらいの距離で、インターネットによりますと空港タクシーで、£60程度という情報でした。


降車時に請求された料金は、2年前と同じ、空港の駐車場代込みで£40でしたので、その分ドライバーに、チップをはずみました。


バッゲージクレイムで、荷物を待っている間にプレッシャーはかけられましたが、実際ドライバーと顔を合わせると、感じの良い人でした。

かなり待たせたのでその感謝の気持ちを入れても、安いものだと思いました。


また、レンタカーも空港で借りるより、アーバインの町で借りた方が格別に安いのです。


Gales Hotel & Spaに到着しました。

地図をご覧ください。


ホテルの敷地に、ドライビングレンジと9ホールのゴルフ場があります。

ホテルから海側に歩いていくと、Western Gales というゴルフ場。

ホテルの裏手(海の反対側)には、Glasgow Gales(Glasgow Golf Club Gales Ciurse)

近くには、Kilmarnock Golf Course、Dundonaldなど、素晴らしいリンクスがひしめいています。


本当にゴルフ好きには、申し分のない街です。

旅の垢を流してから、ホテルのレストランで夕食を取りました。こちら風の野菜をドロドロになるまで煮込んだスープで、何が入っているは全くわかりません。


2年前にマクリハニッシュで、ラウンド後の冷えた体を温めてくれたスープと同じタイプです。ゴルフのラウンド後で体が冷え切っている時に、Jに薦められて食べた時の、あの美味しさは今でも忘れません。


8月でしたが、ゴルフラウンド中に冷たい雨が降ってきて、凍えきった身体でブルブル震えている時に、胃のなかにあったかいものが入ってくるあの感覚です。


ゲールズホテルのレストランで、スープの他にビールとGailes風ポークカツのようなものを注文して、食べていると、iPhoneにJからメッセージが入りました。


Your there now?? We're playing kelburn tomorrow, JM and I will be at your hotel at 10am.


kelburnは、JMさんが前年にメンバーになったゴルフ場。

明日はそこでプレイすることになったようです。


JMさんは、JBの後見人のような存在で、JBの少年時代から、ゴルフの上手なJBの面倒を見てくれた方だと聞いています、


こちらではゲストからは料金を取らないようで、前回も一切払っていません。

ラウンド後にビールをご馳走しましたが、相手もご馳走してくれました。


スコットランドへの出発前に、HBSでレッスンを受けて準備してきましたが、時々良い感覚は出るものの、まだまだ悶絶から脱出できたとは言えない状態です。


今回の旅は、いったいどうなるのでしょうか?



脳内イメージを変えることがこのスイングの成功要因でした。


最近(2021年)になって、意識と無意識について深掘りしていますが、

意識で理解できたことを無意識に落としていくことが重要です。


今回のようにゴルフスイングに関しての的確なアファメーションは、

ビジュアライズが効果的なのではないかと個人的な結論に達しています。


この時点では、私は無意識を書き換える情報をやっと意識した段階でした。


このブログ記事の目的はゴルフスイングレッスンではありません。

脳内イメージを変えることは重要だということをご理解いただければ成功です。


まだまだ、悶絶弾は続きがあります。お楽しみに!

ゴルフがお好きな方は、今後の連載記事にご注目ください。


 


English

Endangered golf club, record of faint in agony in Scotland ①


The master who makes me a golf club and teaches me how to swing runs a shop named Humming Bird Sporte (HBS) in Yokosuka.


I have been in agony for six years already.

One day I told my teacher, "I want to stop, I want to get it back."

The answer returned is, "You can't go back anymore."

This time is a record of agony in Irvine, Scotland


Tuesday, July 13, 2015

The flight from London Heathrow to Glasgow was delayed by about 40 minutes.


Only the luggage of passengers connecting on international flights was sent to a different gate without guidance.


The other passengers picked up their luggage and left Baggage Claim.

I couldn't get information about the gate change until there were no more customers picking up their luggage.


I finally understood when I heard a Japanese person who seemed to be a Japanese wife stationed in Japan telling her mother from Japan, "Isn't the gate changed?"


The taxi driver arranged by John called me and hurried me (he didn't mean to hurry ...), so I felt a little pressure, but I I was glad that my luggage arrived safely and stroked my chest.


When I first visited Glasgow two years ago, John arranged a taxi for me. The driver at that time was a female, but this time it was a man.


Last time she took a card with my name on it and greeted me at the exit of the airport, but this time the driver told me that I was waiting at Parking 2 in front of the exit.


The destination this time is the town of Irvine, where John lives. A taxi will pick me up from the town to Glasgow Airport.


It was about 30 minutes by car, and according to the internet, it was about £ 60 by airport taxi.


The fare I was charged at the time of getting off was £ 40 including the airport parking fee, which was the same as two years ago, so I gave the driver more tips.


At Baggage Claim, I was under pressure while waiting for my luggage, but when I actually met the driver, he was a nice guy.

I made him wait a long time, so I thought it was cheap even if I put in the feeling of gratitude.


It's also much cheaper to rent a car in the town of Irvine than to rent a car at the airport.


Arrived at Gales Hotel & Spa.


There is a driving range and a 9-hole golf course on the hotel grounds.

If you walk to the sea side from the hotel, you will find a golf course called Western Gales.


Behind the hotel (opposite the sea) is the Glasgow Gales (Glasgow Golf Club Gales Course)

Nearby are some great links such as the Kilmarnock Golf Course and Dundonald.

After taking a shower, I had dinner at the hotel restaurant. This is a soup made by boiling vegetables like this until it becomes muddy, and I have no idea what it contains.


It's a perfect city for golf lovers.


It is the same type of soup that warmed the cold body after the round at the Makuri hanish Golf Club two years ago. I still remember the deliciousness of J's recommendation when I was cold after a round of golf.

It's a relieved feeling that something warm is coming into my stomach as it rains cold during the golf round in August and I'm quivering with my frozen body.


At the restaurant at the Gales Hotel, I ordered and ate something like beer and Gailes-style pork cutlet in addition to soup, and John sent me a message on my iPhone.


"Your there now ?? We're playing kelburn tomorrow, JM and I will be at your hotel at 10 am."


I've heard that john morton is like JB's guardian and has taken care of John, who is a good golfer since he was a boy.


He doesn't seem to charge guests, and he didn't pay at all last time.

After the round I treated them with beer, and they also treated me.


Before leaving for Scotland, I took lessons at HBS to prepare for it, and although I sometimes feel good, I still can't say I've escaped from agony.


What will happen to this trip?


Changing the image in the brain was the success factor of this swing.


Recently (2021), I have been studying deeply about consciousness and unconsciousness,

I understood that it is important to unconsciously drop what I could understand with my own consciousness.


An accurate affirmation regarding a golf swing like this time is

I have reached my personal conclusion that visualization may be effective.


At this point, I was finally conscious of the information that rewrites the unconscious = internal expression.


The purpose of this blog post is not a golf swing lesson.

It is a success if you understand that it is important to change the image in your brain.


The agony bullets are still going on. I will deliver an article about agony golf every Sunday. Please look forward to it!

If you like golf, keep an eye out for future articles.

閲覧数:249回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page