top of page

無意識が動き始めた (引退後の人生やキャリアが心配ではありませんか)

更新日:2022年5月29日

引退後の人生やキャリアが心配ではありませんか?


2000年、私の人生の重要なターニングポイントは40年代半ばに来ました。


私はこの頃です。

引退したかどうかにかかわらず、引退後の未来を考え始めました。

21年後、私は今、当時描いていたビジョンに従って生きています。

=これが「将来の記憶」です。




未来の記憶が徐々に固まるにつれて、さまざまなことが起こりました。


社内で「マネジメント改善」を展開しながら

引退後のリハーサルのような自然な気持ちになりました。


社外の専門コンサルタントと一緒に仕事をしたとき

必ず自分の能力と比較し、不足しているものを見つけて、すぐに勉強を始めました。


「カイゼン」を外部に販売している部門との勉強会を提案し、

社外からのさまざまな情報の吸収に努めています。


「社外のカイゼン支援をしている組織から、社外の管理・間接業務の改善を手伝って欲しい。」という依頼が来ました。

6か月後、彼は設計作業の改善のスペシャリストになりました。


震災後、岩手県の職員とともに、岩手沿岸部等の水産加工業のカイゼンを支援しました。

また、そのほかにもいろいろな経験をしました。

私の無意識が認知科学的な未来の目標に向かって動き始めたと説明することができます。


興味深いことに、私は一生懸命に努力していましたが、私はそのように感じませんでした。

やらなきゃいけないのは当たり前の気持ちでした。


20年前のこの時期の私の行動は目標を設定し、自分の目標を達成したことを感じることができるところまでの自然な流れ(=未来の記憶)をつかみました。


「Wnt to」には大きな力があります。


そして、コンフォートゾーンがゴール側に移動したため、

私は社内でもプロ意識を持って改善支援を行っていました。


そして今があります。

2015年から、複数の企業の開発と設計改善のサポートを依頼されています。


これまで着実に続いています。

それは私が私のビジョンで想像したそのものです。


私はこれらの経験を持っています、トヨタの問題解決と認知科学のコーチング理論、

私たちはあなたがあなたの未来を実現するのをお手伝いします。

閲覧数:28回0件のコメント

Comments


bottom of page