意識的および無意識的な構図のイメージ

「意識の研究」を学ぶことで、自分なりの無意識の書き替えなどのコーチング理論について考えたいと思います。


この一連のブログ投稿は私の学習ノートです。

無意識に関する記事(41件の目次)は、ここにあります。

 

スタニスラス・デュアンによって描かれた意識と無意識の関係の構造は、分業を前提としています。

「地下室では無数の無意識の職人が骨の折れる仕事をしており、最上階では選ばれた役員が重要な側面だけに焦点を当てて慎重かつ意識的な決定を下しています。」


意識と無意識の関係は次のとおりです。

無意識は外界から取り込んだ情報を整理します。 そして、重要なものだけを意識に高めます。 意識はその情報をレビューし、決定を下します。


このブログの無意識の記事は、知覚から言語理解、意思決定、行動、評価、抑制まで、幅広い認知行動が賢明に行われていると説明しています。


情報が意識される前に、無数の無意識のプロセッサが並行して処理を実行し、常に外界を解釈しようとします。


無意識は一種の統計マシンとして機能し、微妙な動き、影、光の染みなど、外部からの知覚の微細な情報を最大限に活用します。


気象庁が数十の気象データを組み合わせて明日と翌日の降水確率を計算するように、無意識は入力された感覚データをもとにして、自らが直面している環境に、特定の色、形状、動物、人間などが存在する可能性を計算しています。


一方、意識は無意識のデータの分布から得られた「標本」のみを扱います。

次に、あいまいさを取り除き、簡略化された概要を意思決定システムに渡します。つまり、それは当時の外界の最良の解釈を抽出します。


さまざまな無意識の統計的機械と意思決定者としての意識との間の分業は、外界に対応して行動する必要のある生物に課せられる要件である可能性があります。


すべての生物が確率だけで行動できるわけではありません。

しかし、ある時点で、不確実性を整理して決定を下さなければなりません。


ルビコン川を渡った後、シーザーが「賽は投げられた」と言ったことは有名です。

残念ながら、シーザーの話のように、特定の境界線を越えると、自発的な行動はしばしば元に戻れないということがよくあります。


意識は、この境界線を越えることを可能にする脳の装置かもしれません。


つまり、私たちはすべての無意識の可能性を整理し、1つの意識的なサンプルだけを抽出してさまざまな決定を下します。


有名なブリダンのロバの寓話では、空腹で喉が渇いたロバがコップ一杯の水と干し草の山のちょうど中間に置かれています。


このロバは、どちらを選ぶかを決められず、飢えと渇きのために死ぬのです。私たちはそれと同種の困難な決断につねに迫られています。


世界は私たちに未確認の兆候などを暴露する機会を提供するだけであり、不確実で確率的な結果につながります。


意識は、外界の無数の可能な解釈の1つだけに注意を払うことによって、この問題を解決します。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示