top of page

意識せずに単語の意味を理解できるか? 一つの単語を理解するにも意識が必要か?

更新日:2022年5月29日


私は「意識の研究」を勉強することによって、無意識の書き換えの方法などのコーチング理論に加えて、私なりのやり方を考えていきたいと思っています。


この一連のブログ記事は、私の勉強ノートです。

 

Can you understand the meaning of a word without being aware of it? Is it necessary to be aware of understanding one word?


私たちの視覚システムは、無意識のうちにいくつかの文字を単語へと組み立てる能力を持っています。

『意識せずに単語の意味を理解できるか? 一つの単語を理解するにも意識が必要か? 』

これまでこの問いに関しては、二派の科学者たちによって、激論が繰り返されてきました。

理解 (comprehension 語源的には「合わせてつかまえる」こと、「常識的な判断力」によって意味の断片を集めること)と

意識(「合わせて知る」こと)は、

心の内部では密接に結びついていますので、ほとんど同義語とも見なすことができます。


語の意味の「理解」のような基本的な処理に意識が必要なら、言語はどう機能するのか?


私たちは単語を一貫した文章に組み立てる前の段階で、各単語の意味を意識的に処理しているのではありません。


意識は、全体的な論点と論理に焦点を絞っているはずです。

各単語は、一目見れば議論の全体的な構造のなかに当てはめられています。私たちは、記号による意味の喚起を内省によってとらえたりはしていません。


30年にわたる心理学研究や脳画像研究を通じて最終的な結論が得られました。


論争は1950年代に「カクテルパーティー効果」の研究により始まりました。


カクテルパーティー効果とは多くの音の中から、自分が必要としている情報や重要な情報を無意識に選択することができる脳の働きのことをいいます。 これは1953年にイギリスの認知心理学者のコリン・チェリー によって提唱され、音声の選択的聴取、選択的注意とも呼ばれています。


注意がフィルターとして機能して特定の声を選択し、他のすべてを捨て去ります。


突然背後で、招待客の一人があなたの名前を小さな声で呼んだとしましょう。ただちにあなたの注意は、この人物に向けられます。

あなたの脳が注意の対象になっていなかった言葉を処理した結果、その言葉はあなたの名前という意味を持つイメージとして意識に現れます。

この効果は慎重な実験を通して確認できますが、それによって、注意を向けられていない言葉が、その時に注意を払っている会話での判断に影響を及ぼしています。


被験者は注意の分割を否定し、名前が呼ばれる前の会話の流れはまったく聞いていないと断固として主張するのです。


被験者の注意は、ある会話の流れから別の流れへと、きわめて迅速に向け替えられたのかもしれない。あるいは会話の合間に、一語か二語が通過していたのかもしれない。日常生活ではとても印象的なカクテルパーティー効果も、実験室で無意識の処理を検証するために用いるとなると、多くの困難をともなう。


1970年代、ケンブリッジ大学の心理学者アンソニー・マルセルは、マスキング技術を用いて、意識的知覚の限界値未満の期間だけ、単語をフラッシュさせる実験をしました。


この方法によって、見えなくなる状況を作ることができました。

この実験を受けた被験者全員が、「何も見なかった」と報告したのです。たとえ隠された単語が存在すると教えても、それを知覚することはできませんでした。

それが何かを無理に言わせても、英語の単語なのか、それともランダムな子音の集まりなのかを返答できませんでした。


ある重要な実験で彼は、「blue(青)」 や「red (赤)」などの色に関する単語をフラッシュしました。被験者はフラッシュされた単語が見えなかったと報告しましたが、次にそれに対応する色を選択するよう求めると、他の無関係な単語が表示された場合に比べ、およそ二〇分の一秒素早く反応しました。

つまり、被験者に見えていない、色を表すプライムの単語が、それに対応する色を選ぶよう被験者を誘導したのです。

これは被験者の脳が隠された単語の意味を無意識にとらえていることを意味しています。



この実験で、脳はあいまいなものや文脈に無関係なものも含め、単語の持つあらゆる意味を無意識のうちに処理しているという現象を発見しました。







たとえばあなたの耳に「bank」という単語をささやいたとします。

最初に「銀行」が思い浮かんだあと、「土手」のことを言っているのだろうとやがて思い直すかもしれません。





意識上では、同時にはたった一つの意味に気づけるにすぎないように思われます。

どの意味が選択されるかは、明らかに文脈に影響されるのです。


ロバート・レッドフォード監督の美しい映画『リバー・ランズ・スルー・イット』(米・1992)が話題にのぼっていれば、「bank」という単語は水に関係する意味を誘導すします。

「bank」は、「river (川)」などの一語を先に見せるだけで「water 」を、また、「save」を先に見せるだけで単語「money」を誘導します。


重要な指摘をすると、文脈への適応は、意識のレベルでしか生じないらしい。


マルセルの観察によれば、プライムワードをマスクして意識にとらえられないようにすると、両方の意味がともに活性化されます。

つまり「bank」をフラッシュすると、たとえ文脈上「川の意味が強かったとしても、「money」と「water」の両方が誘導されます。


無意識の心は、一つの単語が持つあらゆる意味的な結合を蓄え、

同時に取り出すことができます。


無意識はさまざまな意味を提示し、意識はその中から選択するのです。

 
English

Can you understand the meaning of a word without being aware of it? Is it necessary to be aware of understanding one word?


By studying "Study of Consciousness", I would like to think about my own method in addition to the coaching theory such as the method of unconscious rewriting.


This series of blog posts is my study note.

Research has shown that the Grand Master of Chess can evaluate the placement of pieces and memorize the details by automatically dividing the board into meaningful components and analyzing them at a glance. It has been proven.


 


Our visual system has the ability to unknowingly assemble some letters into words.


"Can you understand the meaning of a word without being aware of it? Is it necessary to be aware of understanding one word?"

So far, this question has been argued by two groups of scientists.


Understanding (comprehension etymologically "grabbing together", collecting fragments of meaning by "common sense judgment")

Consciousness (“knowing together”) is

They are so closely connected within the mind that they can be considered almost synonymous.


How does a language work if you need to be aware of basic processing such as "understanding" the meaning of a word?


We are not consciously processing the meaning of each word before assembling the words into a consistent sentence.


Consciousness should focus on the overall issue and logic.

At first glance, each word fits into the overall structure of the discussion. We do not introspect the sign's arousal of meaning.



After 30 years of psychological research and brain imaging research, the final conclusions were reached.


The controversy began in the 1950s with the study of the "cocktail party effect."


The cocktail party effect is the function of the brain that allows you to unknowingly select the information you need or important information from among many sounds. It was proposed by British cognitive psychologist Colin Cherry in 1953 and is also known as selective listening and selective attention.


Attention acts as a filter to select a particular voice and throw away everything else.


Suddenly behind the scenes, one of the invited guests calls your name in a soft voice. Immediately your attention will be directed to this person.

As a result of your brain processing words that were not of interest, those words appear in your consciousness as an image that means your name.

This effect can be confirmed through careful experimentation, in which the unfocused language influences the judgment in the conversation that is paying attention at the time.


The subject denies the division of attention and categorically claims that he has not heard any of the conversation flow before the name was called.


Subject's attention may have been turned from one conversational flow to another very quickly. Or maybe one or two words were passing between conversations. Cocktail party effects, which are very impressive in everyday life, also pose a lot of difficulty when used in the laboratory to verify unconscious processing.


In the 1970s, Cambridge University psychologist Anthony Marcel used masking techniques to experiment with flashing words for periods below the limits of conscious perception.


This way he was able to create a situation where he couldn't see.

All the subjects who underwent this experiment reported that they "did not see anything." Even if he taught that a hidden word existed, he could not perceive it.

He couldn't say whether it was an English word or a random collection of consonants, even if he forced him to say something.


In one important experiment he flashed words about colors such as "blue" and "red". Subjects reported that they could not see the flashed word, but when asked to select the corresponding color, they responded approximately one-twentieth of a second faster than when other irrelevant words were displayed. Did.

In other words, the prime word for color, which was not visible to the subject, guided the subject to choose the corresponding color.

This means that the subject's brain unknowingly captures the meaning of the hidden word.


In this experiment, he discovered that the brain unknowingly processes all the meanings of a word, including ambiguous and non-contextual ones.


For example, suppose I whisper the word "bank" to your ear.

You may soon think that you are talking about the bank (a business that keeps and lends money and provides other financial services) after the bank ( land along the side of a river or lake) first comes to mind.


Consciously, it seems that at the same time you are aware of only one meaning.

Which meaning is chosen is clearly context-sensitive.


If Robert Redford's beautiful movie "River Runs Through It" (1992, USA) is talked about, the word "bank" derives a meaning related to water.

"Bank" induces "water" by showing a word such as "river" first, and induces the word "money" by showing "save" first.


The important point is that adaptation to context seems to occur only at the level of consciousness.


According to Marcel's observations, masking the prime word to make it unconscious activates both meanings.

In other words, flushing "bank" induces both "money" and "water", even if the context "rivers have a strong meaning".


The unconscious mind stores all the semantic connections that one word has,

It can be taken out at the same time.


The unconscious presents various meanings,

and the consciousness chooses from them.

閲覧数:15回0件のコメント

Commentaires


bottom of page