セットベース開発が製品開発のポイントだというのは大きな誤解でした。

更新日:2月6日

LEAN製品開発と呼ばれる分野があります。 ミネソタ大学のアランワード博士とその弟子は、1990年代初頭にトヨタの製品開発を研究するために半年間トヨタに行きました。 その結果、彼らは本を書きました。 (下の写真)


彼らは、トヨタの製品開発の4つの礎石をここにまとめています。

  1. 高度なイノベーションを実現しながらリスクを軽減するセットベースの開発

  2. 技術的にもビジネス的にも開発プロジェクトを担当するチーフエンジニアシステム

  3. 負荷の変動を減らし、開発者が作業を計画できるようにするために、リズムとプルをプロジェクト管理に導入しました。このシステムは、流れとリズムを確立します。

  4. 仕事を計画し、対立から学び、新しい知識を生み出し、それを再利用する責任ある専門家のチーム


この本はかなりの数の文字で説明されています。分厚い本です。

これを初めて見たとき、私の頭の中に5つの疑問符が点灯しました。


2「技術的にも事業的にも開発プロジェクトを担当するチーフエンジニア制度」に注目したことは、正しかったと思います。たとえば、日本の自動車会社は、名前は異なりますが、プロジェクト管理システムを持っています。


3「リズムを導入し、プロジェクト管理に取り入れて、負荷の変動を減らし、開発者が作業を計画できるようにします。これにより、フローとリズムが確立されます」は、製造プロセスを指していませんか。そう疑問に思いましたが、大きな間違いではありません。しかし、生産管理部門に新車進捗管理部門と呼ばれる部門があり、全体の進捗状況を監視しているという事実には触れていません。


「仕事を計画し、対立から学び、新しい知識を生み出し、それを再利用する責任ある専門家のチーム」「仕事を計画する」こともできないエンジニアがい流のでしょうか。 「責任ある専門家チーム」とは、責任ある専門家がいないことを意味しますか?これはかえって、心配になってしまいます。


今回は、この4つのうちの最初の「セットベース開発」について少し書きます。この記事は最も疑わしいものです。


このセットベースのゲームには「ポイントベースのデザイン」という手法があるようで、大きな開発課題のひとつの「解決策」にいきなりジャンプしてデザインを始める手法のようです。私にはそんな邪悪な方法に名前を付ける感覚が理解できません。


「セットベースの開発」は次のような説明です。

製品開発では、トヨタは開発の初期段階で多数の選択肢を出し、それらを収束させることなく、詳細設計開始直前まで並行して多数の提案を評価し、徐々に絞り込んでいきます。

これは、開発の決定を最後まで遅らせることを意味しました。 (?)

もう一つの違いは、トヨタは最初から製品仕様を詳細に指定していなかったが、設計が進むにつれて徐々に洗練され、具体化されていったことです。 (?)

トヨタは一見非効率な方法で製品を開発していますが、他の企業よりも設計が圧倒的に効率的です。この事実は「トヨタの第2のパラドックス」でした。


私はこれを理解するのに長い時間がかかりました。残念ながら、ストーリーが通っていません。

意思決定を最後まで遅らせることは不可能であり、新車進行管理部の人々が黙って見守っているわけがありません。


それから、私はこの文章をかなり拡大解釈して、計画を提案するときに、トップへの複数の代替案提案することを意味するのかどうか疑問に思いました。


それでも、私は確信できませんでした。

複数の案を絞り込まずにいくつかの選択肢を引き摺って、最後に良いアイデアを決定することができるのでしょうか?


私は車両開発の技術的な部分の経験がないので、具体的な製品開発方法に触れたとことはありません。ただ、これをやったら何の決断もなく日々が過ぎてしまうのではないかと心配でした。


すべての車両開発活動の中で、私が経験したのは原価企画だけでした。それでも、開発者がそのようなセットベースの開発を行っている場合、彼らは「立ち上がり後に目標を達成するだろう」と言うでしょう。 私は「目標を達成できない」と断言できます。製品開発にとって最も重要な、原価企画が4つの礎石に含まれていません。


アメリカの会社がセットベースの開発を導入して順調に進んでいるとのことですが、信じられませんでした。



この記事が生煮えでてごめんなさい。今回はみなさんにご迷惑をおかけして申し訳ございません。


ここで、「セットベースの開発」はトヨタの製品開発とは異なることだけは明記しておきます。


 


もう少し正しい説明は、今後1〜2か月以内にお知らせします。

アジャイルもこの傾向を受けているのではないかと思います。


詳細は後日説明します。

閲覧数:18回0件のコメント