top of page

エフィカシーを上げることがゴール達成の近道

私が2009年10月に、重いヘッド、ふにゃふにゃなシャフトの悶絶クラブを使うようになって、今年で足掛け14年になります。


以前のスイング方法でボールを打とうとすると、ゴルフクラブが持ち主の意思に反して、ものすごい反作用の力をクラブが伝えてきて、スイングすることが出来なくなってしまいます。


これが「悶絶」の由来です。


「反作用と言っても多寡がクラブの重量ではないか」とお考えの方もいらっしゃるのではないかと思います。


しかし、私自身が振りたい方向、つまり振り子のようにクラブヘッドを遠心力で先に動かそうとすると、クラブが空中で固まってしまうような感覚です。


犬を散歩に連れて歩いているときに、その犬がいきたくない方向に連れて行こうとすると、前足で踏ん張って、自分の意志を主張することがありますが、あんな感じです。


本当にゴルフクラブが、持ち主の意志に従わず、クラブ自身の動きたい方向を主張してきます。


ひどい時には、後に引っ張られる力がものすごく大きく感じるので、私自身がそれに対抗するようになってしまいます。


無駄な力を入れてなんとかスイングしようとするのですが、クラブヘッドがボールの10cmも手前に落ちてしまうことがあります。


いくら好きなゴルフと言っても、こんな状態を10年以上も続けていたら、無意識の中にある種の恐怖感、不信感のようなものが住み着いてしまい、自信を無くしてしまわない人はいないと思います。


私は15年に及ぶ苦闘の末に、やっとのことでこの悶絶状態を打開することに成功しました。


今や、悶絶クラブは私の強い味方です。


グリップ(左手の手の甲)からボールに当てていくような感覚で動かし始めると、悶絶クラブは飛球線の方向に後押ししてくれる感覚が出てきます。


この感覚は、クラブヘッドの重量をふにゃふにゃシャフトが忠実に打ち手に伝えてくれるからなのです。


悶絶から解放された今となっては、懐かしい思い出です。


兎に角、悶絶以前のスイングによるスコトーマを如何に外すか、ということへの挑戦の日々でした。


「まず脳内イメージを変えないことには、始まりません」

という私の師匠の教えは、言葉では理解していたつもりです。


半年近くスイングの練習をせずに、頭の中で悶絶しないスイングのイメージを作り上げようとした時期もあります。


しかし、これには失敗しました。


言葉で教えてもらうイメージだけを頼りに、自分の脳の中でイメージを組み立てるということは、至難の業だというほかありません。


皆さんには下記をご理解いただく必要はありません。イメージが掴めないことがご理解いただければ、十分です。

  1. 右に体重移動:右足の上に体重を載せる、ここで後ろを向く。

  2. テイクアウェイを大きく回すためにも、右肘で引っ張るようにして右肩のあたりまでグリップを持っていく。

  3. 左に体重を移動し始めながら、右肘で軽くグリップエンドを押してやる。

  4. この時点で余計なことをやらなくても、体重移動が行われるだけで、インパクト時には体の正面を向く

  5. 逆に正面を向こうと意識すると右回転が始まってしまう。

  6. グリップエンドを押す時は、右手の腕についている部分で押す。

  7. 左手はブラブラさせるイメージを持つと、押されながら手の甲がボールの方向に向かって行く感じ

  8. そのまま右手で左手を押していくと、左腕は押されて地面にぶつけられるので、左肘を抜いて、逃がす。


 




ここからは悶絶を解決するために、私がトライした内容を整理してみました。


コーチングでは、ゴールを達成するためには、エフィカシーが重要だと教えています。


自分が心から達成したいと思うゴールの臨場感を高めていけば、ゴールの世界を当たり前だとするホメオスタシスレベルが生まれます。


(ホメオスタシスは、別の記事で説明していますので、こちらをご参照ください。)





ホメオスタシスレベルが上がれば、当然あなた自身の自己評価が高くなります。このような状態を「エフィカシー」といいます。


エフィカシーとは「自分の能力に対する自己評価」という意味で、何か物事に取り組んで努力する以前の、「自分にはそれができる」という自分自身に対する自信のことです。


エフィカシーを自負心と捉えてもらった方がわかりやすいかもしれません。


このエフィカシーを高く保てるかどうかが、目的達成の可否を左右します。



ゴールの世界の高いコンフォートゾーンを脳に刷り込むためには、高いエフィカシーを持つことが不可欠です。


高いコンフォートゾーンとは、現状の居心地の良い状態ではなく、ゴールを達成した時の未来の居心地の良い状態を指します。


ゴールのコンフォートゾーンが自分に最もふさわしいと感じることが重要です。


つまり、「私は高い能力を持っている」という本人の評価を上げることなのです。

「私には無理」と思っていたら、絶対にゴールの達成はできません。ムリです。


また、高いエフィカシーを「はったり」と混同することは危険です。

はったりは、自分が思っている以上の評価を持つこと。

自分が設定したエフィカシーよりも高いために、コンフォートゾーンからも外れてしまっています。


「エフィカシーをあげましょう」という言葉だけを連呼するような方もいますが、皆さんはこの点に気をつけてください。「はったりをかましましょう」とは明らかに違います。誤解しないようにご注意ください。


多くの人は、過去の失敗や他人(特に親や教師)の言葉にとらわれ、いまの自分を過小評価して、エフィカシーを上げることができないでいます。


親や教師は、子供の時には一番影響力の大きい存在です。


私は、小学校3年生になって、ガクッと成績が落ちました。


その時の教師に、徹底的にエフィカシーを打ち砕かれてしまった経験があります。


セルフ・エスティームの低い教師は、優秀な子供に対して強迫観念を持ち、無意識で恐れているようです。

子供(生徒)を自分のレベルに引き下げようとします。


その教師は、上司の校長や教育委員会など、上しか見ていないような人でした。


5年生になって、ようやく私はその教師の偏見から逃れることができて、徐々に勉強も身につき、成績も回復していきました。


私は、コーチングを習得した今ならこのカラクリがよく理解できますが、小学生の頃には自分の環境が変わるまで、じっと耐えているしか他に方法はありませんでした。


このようにエフィカシーの低い人には注意が必要ですが、逆にエフィカシーの高い人のそばにいるだけで、自分のエフィカシーが上がっていきます。


他人の言葉の呪縛を解き、エフィカシーを高めるために必要なものが、アファメーションです。


「私は、たいした人間だ」「私にはできる」という内容のアファメーションを行うことによって、毎日、エフィカシーを高めていくようにするのです。


人は、未来のゴールを設定して、その未来に対していまの自分がどうあるべきかを条件づけることで、自己イメージを高く保つことができるのです。これが、未来をカイゼンKaizenYourFutureです。


未来をカイゼンKaizenYourFutureでは、エフィカシーを上げることもご説明していきます。


私はコーチングを習得して、自分のゴールの一つにゴルフのゴールを設定しました。


人生のゴールは、仕事に限定されるものではありません。

キャリア、家庭、姻戚関係、ライフワーク、財産、住環境、地域活動、精神性、健康、余暇など、生きがいを見つけられるあらゆる分野にゴールを見出すことができます。ーーバランスホイールと言います。


そして昨年、ゴルフのゴールを達成するために、私はもう一度スイングの基本から出直してみることにしました。


65歳、ゴルフのパーはSt Andrews のオールドコースが基本になって、72です。あと7年しかありません。


余談ですが、1週間後に73歳になる方とご一緒させていただきました。

その方とは、時々一緒になることがあり、初めて私の悶絶クラブをご覧になった時から、変わったクラブだということにお気付きになって、それから会うたびにクラブの話に花が咲いています。


その日は、ステディなゴルフをされていて、17ホールを消化して時点で、パーでした。18番目でもパーを取れば、エイジシュート達成です。しかし、残念ながら最後のパーパットが外れてしまい、73でした。


こういう先輩と一緒にラウンドができる、ゴルフは素晴らしいスポーツです。

7歳の歳の差を感じさせないパワフルなスイングを目の当たりにして、「絶対にゴール達成する」と私の闘志にも火がつきました。


エフィカシーは、このようにエフィカシーの高い人と一緒にいることでも高まっていきます。




 

私はゴール達成に向けて、「刷毛塗り」と言われる、ボールの前後50cmくらいの小さなスイングから始めて、立体的なスイングまで、一つ一つやっていきました。


すると、これまで無意識が溜め込んできた言葉のイメージが、実際のスイングのイメージに重なり始めました。


これまでの悶絶の歴史がムダにはなっていなかったことに、自分の中で大きく感動を覚えました。


約1年前、私がもう一度基本から出直して練習を始めた直後に、突然良いあたりが出始めました。

しかし、一度崩れると、雪崩のように崩れてしまいました。


そのころは、まだ崩れ出した原因を自分で客観的に掴むことができていませんでした。無意識への刷り込みが不十分だったということです。


そのころは、1日のラウンドの中では、立て直すことが出来ませんでした。


しかし、やっと修正ができるようになってきました。


私の脳の中には、悶絶脱出への必要な知識が全て詰まっていたのです。それがやっとつながり始めたのでした。


私の師匠のブログ記事をもう一度読み返しますと、言葉が自分の脳にあるイメージと結びつくようになっていました。


以前にも師匠のブログの同じ記事を読んでいますが、その時には、正しいイメージにつながりませんでした。


上記の方法で一つ一つスイングの基本練習をしてみると、脳に浮かんでくる映像が、すごく鮮明に感じられてきます。


15年を経て、長い間断片的に蓄積してきた記憶が、脳内イメージとなって、私の脳の中にやっと像を結ぶようになってきました。


鏡に映した自分のスイング映像よりも、実際に見てはいませんが、クラブの状態がどうなっているのかという感覚が映像になって頭の中のスクリーンに映っている感覚です。


今では、スイングのイメージが臨場感を持って、私の脳の中に具体的な映像となって現れてきます。


この映像が脳に残っていれば、ミスの原因を特定することができて、修正ができるようになります。


認知科学の知見を活かして、私の無意識にスイングの正しいイメージを刷り込むことができたので、無意識がスイングの異常を見ていてくれます。



私はコーチングの定石に従って、下記のようなセルフコーチングを繰り返しました。

この方法は、スポーツに最適だと思います。


皆さんも。一度試してみてください。


  • 自分でスイングが崩れてしまった原因を分析して、まずはやってみる。  

  • やってみて効果がなければ、スコトーマを探して外してみる。

    • 「決定的な場面でいつも失敗する」とネガティブなセルフイメージに縛られている場合には、「決定的な場面でこそ上手くできる」とセルフイメージを書き換え、エフィカシーを上げる。  

    • ここぞというショットを打つときに、緊張しやすいので、逆腹式呼吸などでリラックス状態を誘導する方法をマスターする。

  • 自分の欠点、問題点を指摘しない。いままでよかった点、成功体験を強くイメージする。  

  • エフィカシーを高めるためにゴールを明確にする。

  • また、最初に自分が設定したゴールよりも一つ上のレベルをめざすようにする

  • 自分の弱点や欠点は何度も思い出さない。「 こんなミスを犯すなんて、自分らしくない」と考えるようにする。

  • これまでうまく出来ていた要因を分析して、そのポジティブな側面を伸ばすようにする。

  • 実際にラウンドする時には、朝ゴルフ場に行くときに、車の中で気持ちが高ぶる音楽を聴く。

    • これは、「アドレナリンのウォーミングアップ」のようなものです。

    • ゲーム前に軽い興奮状態をつくりだし、ある程度アドレナリンが出やすい環境にしておくことで、いざゲームが始まり、ボールを打つ、まさに乾坤一擲の瞬間に一気にアドレナリンが放出されるのです。

    • また、リズムがある音楽はセロトニンの分泌も促します。これによってエフィカシーをさらに上げやすくなります。


【チーム競技の場合は、上記に加え、下記を追加すると良いと思います】

  • ほかのメンバーと合わないからといって、自分の評価を落とす必要はない。  

  • むしろ「まわりがダメだ」と思え。ただし思うだけで、口に出してはいけない。  

  • 自分の行動には絶対の自信をもつ。


閲覧数:22回0件のコメント

Commentaires


bottom of page